Areas of support

PC講座

PC講座を通して、ITリテラシーの向上、雇用促進に貢献しています.

テレワーク

民間企業と連携し、ITを用いた被災地住民の経済的自立促進を行っています.

避難所運営支援

掲示板の整理、運営支援のツールの提供を行っています.

ニーズ調査

様々な取り組みを通して、被災者住民の方に寄り添い、ニーズのくみ取りを行い、行政や民間へ支援の和を広げる取り組みを行っています.

教育支援

街の将来を担う人材の育成、復興後の発展を視野に、ボランティアによる、中高生への学習指導、進路相談などを行いっています.

Urgent problem:

雇用

仮設住宅での生活がはじまると避難所の生活のように物資の配給を受けにくくなります.仮設住宅の生活では、避難所同様のサポートが受けられる環境を整備する とともに、徐々に行政やボランティアなどの依存度の少ない生活に向かっていくことになります.本団体では日本マイクロソフト社と協力し現地に雇用を生む方策を実施しています.

 

コミュニティーの再生

避難所では皆の住民が、同じ時間に起き、協力して朝ごはんを作り一日がはじまっていくというリズムを刻んできました.しかし、仮説に移ることで生活は一世帯 で完結するものとなります.既存の地元のコミュニティ、避難所で生まれたコミュニティが仮設住宅の抽選で希薄になりました.互助の精神のもとコミュニティ再生が現地では望まれています.

 

教育

現在被災地では、多くの子供達が避難生活を送っています.避難所では、消灯時間が非常に早く、部活動を行っている子供は、勉強する時間をなかなか確保するこ とができないことから、被災地では学力低下が問題になっています.また、経済的に大学への進学を諦める子供達も多くいます.次世代を担う子供達への教育は、日本の将来、被災地の未来を築き上げる上で必要不可欠なものであることから、包括的な教育支援が求められています.復興支援ITボランティアでは、ボランティアを被災地へは派遣し、学習指導や進路相談などを通して被災地の教育へ貢献しています.

IT Assistance

Let's Help Peopole Together

Join Now!

ITボランティアの集大成!被災地からうまれる新しい「ITのかたち」

【夏季ITサポートキャンプ 参加者募集】

Programs

ITボランティア

ITボランティアによる被災地の住民の方々との触れ合いや傾聴を通した寄り添いによる避難所、仮説住宅の生活での復興作業.また復興に対するニーズの掘り起こしと入手を行っています.また、ニーズに対しICTを用いることで解決策の提案を行っています.

徹底したボランティア研修

復興支援ITボ ランティアでは、被災地での活動の前に、ボランティアへ研修プログラムを用意しています.ボランティアマニュアルを用いた本部研修、過去参加者による活動 指導、現地コーディネーターによる被災地視察、及び現地研修などの徹底した研修を行っています.この研修を通して、被災地住民への理解と、信頼関係の重要 さをボランティア参加者へ促します.被災地では、現地での考えに基づき行動する必要があり、ボランティア自身の日常の考えは通用しません.それを理解することで、真の意味で「寄り添い」が実現されると考えていることから、ボランティア研修を徹底して行っています.

被災地での活動

復興支援ITボランティアが設置したPCを使い、必要とする情報をきめ細かく入手できるようになるためのきっかけを提供しています.また、被災者が必要とす る情報ニーズ、生活ニーズなどの被災地住民のニーズを把握し、それに対してボランティア自身がマニュアルに従うのではなく、自ら考え、被災地住民の方にとって最善だと考えられる、ソリューションを提供しています.また、被災地住民の方の心の声を聞く上で最も重要なのが信頼関係です.信頼関係の形成を行うために、固定スタッフを数日間の常駐(通い)とする方式にて活動活動の範囲が、子どもたちの遊び相手や、お年寄りの傾聴等、心のケアを行っています.